スター・トレック イントゥ・ダークネス

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: J・J・エイブラムス

主演: クリス・パイン ベネディクト・カンバーバッチ ザカリー・クイント

製作国:アメリカ合衆国

公開日:2013/08/23

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

西暦2259年USSエンタープライズ号のメンバーはジム・カーク船長を筆頭に、辺境の惑星に住む原住民を火山の爆発から救出する
しかしその期間後、カークは船長の資格を剥奪されてしまう

彼らがその惑星に向かった理由は、救出ではなく探索であった
そして救出の際に、噴火口に残ってしまった副船長スポックを救う為、原住民にエンタープライズ号を見られていた
この行為が、原住民への接触を禁じている、艦隊の誓いに違反してしまったのだ

そんな時ロンドンでは爆弾テロが頻発していた
次々に艦隊に関係する職員が被害に逢う
なんとその犯人はジョン・ハリソンで、身内の犯行だったのだ

カークはクリストファー・パイクに救われ、船に載ることを許される
そしてマーカス提督より、ハリソン司令官を殺すように命令を受ける

カーク、スポック達とハリソン司令官の闘いが始まる

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

2009年に公開されたスター・トレックの続編作品です

西暦2259年の宇宙人が普通に存在する、現在では考えられない非日常的な世界ですが
カークとスポックの信頼やお互いのプライド
マーカス提督とハリソン司令官の目的と闘い
ハリソン司令官の過去
スポックがハリソン司令官に持つ殺意
人間(宇宙人)の醜さ、苦しさ、そして正義感、友情
そういった生物の普遍的な感情が、より際立つ映画でした

前作を観た方が、世界観やストーリーの導入が理解し易いことは確実ですが
本作がシリーズ初見でも楽しめる映画だと思います
遠い未来の「感情」のぶつかり合いに、テンションが上がる映画でした

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


本作出演、ベネディクト・カンバーバッチ出演映画、天才数学者アラン・チューリングの半生とは

イミテーション・ゲーム
【総合】★★★★☆【ストーリー】★★★★☆【感動】★★★☆☆【エキサイティング】★☆☆☆【リアリティ】★★★★☆【啓発要素】★★★☆☆監督: モルテン・ティルドゥム主演: ベネディ...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました