GODZILLA 2014

★「映画好きと繋がること」だけを目的としたツイッターアカウントです★
↓フォロー宜しくお願い致します↓
にほんブログ村 映画ブログへ
ポチッと応援お願い致します

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★★☆


主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: ギャレス・エドワーズ

主演: アーロン・テイラー・ジョンソン 渡辺謙 エリザベス・オルセン

製作国:アメリカ合衆国

公開日:2014/07/25

[スポンサーリンク]


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

日本の原子力発電所で勤務していた物理学者のジョー・ブロディ

原子炉直下で発生する謎の地震に気付く
妻であるサンドラが原子炉の安全確認に向かったその時、巨大な地震が発生し原子炉は崩壊する

妻が亡くなった後、真相を追及していたジョー・ブロディは、ある仮説を立て研究に没頭していた
そしてある日、調査の為、禁止区域に立ち入り逮捕される

迎えに来たのは、事故当時小学生で、今はアメリカ海軍爆弾処理班に所属する息子フォード
フォードは、父の行動を咎めると共に、母の死の真相を知りたい父の思いも理解する

そして親子は、事故の真相を究明しようと、再び禁止区域に侵入する

そこで彼らが見ることになるのは、巨大な研究施設
研究の対象は、あの時の原子力発電所での事故の原因
繭の状態の巨大生物ムートーであった

巨大生物の研究者、芹沢猪四郎博士は、ジョー・ブロディの研究からあることに気付く

ムートーがコミュニケーションを取ろうとしている
そして、その目的が繁殖であると

サンフランシスコで、2体のムートーとゴジラが激突する

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

1998年公開ハリウッド映画に続く、2014年に公開されたアメリカ作成のゴジラ映画です

戦略核兵器という、人類の武器で、巨大生物を撃滅しようとする軍
ゴジラを、調和をもたらすものとし、ムートーを倒すのを待つべきとする沢猪博士
怪獣に対する、二つのアクションが明確に比較され描かれています

最後にTVニュースのシーンに描かれている
「怪獣王は救世主か?」
このコメントで、人類がコントロール出来ないものに対し、どうするべきかという課題を視聴者に投げ掛けています

一方、家族を守る為闘うシーン等、今出来る範囲で最大限の行動をとる姿も描かれます

怪獣の迫力ある映像以外にも、いろいろな要素が描かれた映画作品です

[スポンサーリンク]


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました