星を追う子ども

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★★☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 新海誠

主演: 金元寿子 入野自由 井上和彦

製作国:日本

公開日:2011/05/07

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

渡瀬明日菜は田舎町の小学生
母と2人で、山や川が身近にある自然溢れる土地で暮していた
父は、明日菜がやっと物心つく頃、他界した
母は病院に勤めており、なかなか2人で過ごす時間がゆっくりとは取れない
優しい母と過ごせない時間は、やはりまだ寂しく感じる

そんな明日菜が、1人の時間を癒してくれる2つのこと
1つは、猫に似た動物であるミミと遊び、ご飯を食べること
もう1つは、父の形見である鉱石ラジオを聴くことだった
ラジオは、周波が合えば、美しい音楽を奏でてくれる

その日もいつもの様に、ラジオを聴こうと、お菓子や本を持ち込んだ秘密基地へ向おうとしていた
線路沿いを歩いていると、目線の先には熊の様な生物がいる
それは近付いてくる

食べられる、と感じた瞬間

突如現れた、自分より少し年上であろう青年が、怪我をしながらも助けてくれた
彼はシュンと名乗った

翌日はいつもより、心躍りながら秘密基地へ向かう
シュンがそこにいた
いろいろな事を話した、彼はアガルタという遠いところから来たと言った

その次の日も、明日菜は秘密基地へ向かった
しかしシュンは現れなかった
降って来た雨に濡れて、ビショビショで帰宅する
母はタオルで髪を拭きながら、抱きしめてくれた

明日菜の制服のバンダナを付けた少年の遺体が、見付かったと連絡があったという

母になくしたと言った、制服のバンダナ
あの動物から救ってくれた時のシュンの傷に巻いたバンダナ
明日菜は、その言葉を信じられなかった

シュンの死を信じられず、呆然と過ごしていた学校の授業だったが、ある教科の話に惹かれる
それは、産休にはいられる担任の池田先生の替わりの、臨時教員の森崎先生の授業だった
日本を始め、世界中には、死者の世界とも繋がれる世界の伝説があると

死者にも会える世界がある
気になって仕方なかった明日菜は、放課後に職員室に向かうが既に帰宅していた
居ても立っても居られなくなり、森崎先生の自宅に向かう
彼は、高度な文明を持ち、富、知識、そして死者蘇生まで可能な世界が存在する
そんな伝説が世界各地にあることを教えてくれる

死者を蘇らせることが出来る伝説がある
伝説のことを考えながら、秘密基地へ向かう
そこにシュンが立っている
明日菜は駆け付けるが、彼はシュンではない、シンだと名乗る

そこへ突如、戦闘ヘリと兵士が現れる
なんと隊を率いていたのは森崎だった
明日菜の鉱石ラジオの鉱石、そしてシンが、伝説の世界アガルタへの道を開くのだと言う

明日菜のアガルタでの旅が始まる

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

新海誠監督の長編アニメーション映画です
伝説の地下世界を舞台としたファンタジー作品です
新海監督らしい繊細な描写の世界は、とても美しいです

死者への思い
明日菜の父への思い、シュンへの思い
森崎の亡き妻への思い
シンのシュンへの思い

人生における無常をテーマとしています
時を過ごしては、避けて通れない、喪失感
生きることとは、について考えさせられます

そして、その先にある未来についても

ストーリーは、ファンタジー世界として描かれ、ワクワク見れもしますし
テーマとしては本当に考えさせられることを描いていて、とても楽しめました

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


少年少女達の別れの日、謎のメッセージから、大冒険が始まる

アース・トゥ・エコー
【総合】★★★☆☆【ストーリー】★★★☆☆【感動】★★★☆☆【エキサイティング】★★☆☆☆【リアリティ】★☆☆☆☆【啓発要素】★★★☆☆監督: デイブ・グリーン主演: テオ・ハーム...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました