南極料理人

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★★
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★★☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★★★☆☆
【啓発要素】★★★★★

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 沖田修一

主演: 堺雅人 生瀬勝久 きたろう 高良健吾

製作国:日本

公開日:2009/08/08

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

南緯77度、東経39度
ドームふじ基地

標高3810mという、富士山と同じぐらいの高さであることから名づけられた、南極観測基地
同じ日本の南極観測基地である、昭和基地、みずほ基地、あすか基地とは1000km以上離れる

標高が高い為、空気も薄く、平均気温は-54℃
ペンギンやアザラシなどの生物は存在しない
それどころかウィルスすら存在し得ない基地

気象学者
雪氷学者
大気学者
医師
自動車技術者
通信技術者
様々な専門家が、科学の為この基地に留まる

この基地では、氷床深層掘削を実施している
3000m掘った氷床コアを調査し、100万年間の気候変動を研究する

妻と、最近歯が生え替わり始めた娘、そして離乳食を食べ始めた息子
西村淳は、家族と何事もない平和な日々を過ごしていた

しかし海上保安庁主計科職員として船艇での料理を担当する西村
次の任務地としてふじ基地を告げられる

過酷な勤務地
1年以上の赴任
突如決まった南極への単身赴任

家族に伝えたところ

爆笑された・・・

西村のふじ基地での厨房勤務が始まる

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

西村淳さんのエッセイ、面白南極料理人を原作とした映画です
書籍のヒットから映画化され、2019年からはテレビドラマも放送されています

西村さんが過ごした南極観測基地、ドームふじ基地での生活が描かれています

氷から水を作らないといけない
気圧が低く水の沸点が低い
基地における生活の厳しさも描かれています
しかし、作品はコミカルに作られ、南極生活の厳しさも笑える表現になっています

そして、メインは滞在する8人のメンバでの生活
西村さんの調理される食卓をメインに、メンバのやり取りが楽しく描かれています

食卓のシーンでは、栄養摂取だけではない「食」の意味が伝わってきます

南極という極限環境の1つでの食卓の光景から、楽しく「食」の意味を考えさせられる作品です

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します


訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 1 レビュー
by いつの日か on Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~

テレビ版も観ましたが、いずれもテーマとキャスティングが印象深いと感じました。

確かにキャスティングもいいですよね!ドラマ版はまだ観たことがないのでいつか拝見したいです


オススメ映画


「出来る物なら何でも作るよ」深夜まで営業している食堂めしや、食堂には様々な人生を歩むお客が訪れる

深夜食堂
【総合】★★★★☆【ストーリー】★★★☆☆【感動】★★★☆☆【エキサイティング】★☆☆☆☆【リアリティ】★★☆☆☆【啓発要素】★★★☆☆監督: 松岡錠司主演: 小林薫 高岡早紀...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました