ラスト・ソルジャー

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★☆☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★★☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: ディン・シェン

主演: ジャッキー・チェン ワン・リーホン ユ・スンジュン

製作国:中国, 香港

公開日:2010/11/13

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

衛の国は、隣国の小国である梁と開戦

衛の皇太子は自ら、将軍として戦場に赴いていた
しかし、梁軍の待ち伏せに合い、衛軍も甚大な被害を受ける
戦は、両軍が全滅となり、戦場は死屍累々の有様になる

衛の皇太子でもある将軍も、深手を負う

そんな戦場に、無傷の1人の男がいた

その梁の兵士は、死んだふりで戦をやり過ごしたのだ
そして、負傷している衛の将軍を捕縛することに成功する

母国である衛に将軍を連れ帰り、褒賞で耕作する土地を得ることが出来る

梁の兵士の、衛に将軍を連れた逃亡劇が始まる

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

大国である衛と、小国の梁の戦から始まる、逃亡劇
登場人物がそれぞれが持つ人生感が、比較して描かれている作品です

弟に裏切られ、戦場で名誉の死を遂げたい衛の将軍
自分より優れた二人の兄が戦争で死に、農業で小さな幸せを得たいと考える梁の兵士
兄を裏切り国を得ようとする、衛の太子の兄への本当の思い
最後のシーンは、とても考えさせられる選択でした

長旅を通して、衛の将軍を理解した梁の兵士の決断
そして梁の今を知った時、その信念とは反するような行動

ジャッキー・チェンが描く作品で、コミカルな要素も多く笑えるシーンも多いです
しかし、テーマとしてはとても興味深い映画となっています

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


おっちょこちょいで間抜けな韓国の青年、その真の姿は北朝鮮の特殊工作員、彼は何を思い任務を遂行するか

シークレット・ミッション
【総合】★★★★☆【ストーリー】★★★☆☆【感動】★★★★☆【エキサイティング】★★☆☆☆【リアリティ】★★☆☆☆【啓発要素】★★★★☆監督: チャン・チョスル主演: キム・スヒョ...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました