トレイン・ミッション

★「映画好きと繋がること」だけを目的としたツイッターアカウントです★
↓フォロー宜しくお願い致します↓
にほんブログ村 映画ブログへ
ポチッと応援お願い致します

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★★★★☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★☆☆☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: ジャウマ・コレット・セラ

主演: リーアム・ニーソン ヴェラ・ファーミガ パトリック・ウィルソン

製作国:アメリカ合衆国, イギリス, フランス

公開日:2018/03/30

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

マイケル・マコーリーは保険会社に勤めるサラリーマン
前職の警察官辞めた後、10年間毎日電車で通勤し真面目に働いて来た

子供も大きくなり来年には大学に進学する
その日も、教育熱心な母親にお金は掛かるが、息子の為に有名大学に行かせたい
そんな相談をされながら車で駅に送って貰っていた

出社後、上司に呼び出され、解雇を言い渡される
しかも退職金は無く、自社の保険サービスのみだと断言される

年齢のこともあり、すぐに雇って貰えるはずもない
この後どうすればいいのか答えも見つけられず、妻にも伝えることも出来ず、バーで酒を飲む
飲んでいると警察時代のパートナーと会い、話を聞いて貰い、きちんと家族に伝えるべきだとアドバイスを受ける
同じく店に来ていた、出世した警察時代の同僚の姿を見ながら、いつものように自宅への電車に乗るのだった

そんな帰りの電車の車内で、これまでの通勤で見かけたことのない女性に話しかけられる
女性はジョアンナと名乗り心理学者だといい、マイケルをどんな人間が判断する為の質問ゲームを始める

そして彼女は突然、ある提案をしてくる
それは、この電車の乗客から1人の人物を見つければ、10万ドルを払うというのだ
その人物について3つの情報をを伝えられる
①プリンいう偽名で普段この電車に乗らない人物
②コールド・スプリング駅で降りる人物
③鞄の中に盗品を隠している人物

話を信じていなかったマイケルだが、前金を置いたというトイレに向かう
パッと見には分からない通気口の中に、本当にお金が置かれているのを見付ける

そして次の駅で載って来た少年に、お金を見つけたか聞かれる
こんな人混みでたった一人の人物を、よく分からない情報で見つけるなんて不可能だ
と断ろうとしたところ少年はある物を見せてくる
なんとそれは妻が持っているはずの結婚指輪だった

家族を人質に取られた彼は、命を掛けて電車車内で1人を探さなくてはいけなくなる

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

いつもの何気なく乗っていた通勤電車が、命を懸けた捜索になる映画です

顔を見知った常連客もいる車内で3つの情報から、1人の人物を探す捜索劇

家族を人質に取られ捜索を開始します
犯人が本気であること、そしてその目的を知り、緊迫度が上がってきます

通勤電車の車内という密室で、命を懸けたスリリングな闘い描かれています
映画が進むにつれ、どんどん見入ってしまいます

衝撃的な結末が待っている、手に汗を握る映画でした

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


ロサンゼルスの麻薬捜査官、彼らの仕事場は、「狼を倒せるのは狼だけ」の世界

トレーニング デイ
【総合】★★☆☆☆【ストーリー】★★★☆☆【感動】★★☆☆☆【エキサイティング】★☆☆☆☆【リアリティ】★★★☆☆【啓発要素】★☆☆☆☆監督: アントニー・フュークワー主演: デン...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました