信長協奏曲

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★★☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 松山博昭

主演: 小栗旬 柴咲コウ 向井理 山田孝之

製作国:日本

公開日:2016/01/23

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

高校生のサブローは、戦国時代にタイムスリップしてしまった

容貌が、病弱だった織田信長と似ていた為、信長として代わりに生きることになる
そして、本当の織田信長は、明智光秀として、信長としてではない人生を歩むことになる

信長は、甲州征伐の天目山の戦いの末、武田家との闘いに勝利した
大阪の本願寺勢、中国地方の毛利家など、まだ平定するべき相手は残っている
しかし、琵琶湖に、初の天守を持つ城となる安土城を築き、天下統一は目前に迫ってきていた

もう少しで実現出来る
戦のない世界が

しかし、そんな信長に対して、復讐心を抱いている男がいた
かつて、自分の家族を、村を信長に焼かれた恨み

時は、1582年

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

石井あゆみさんの漫画、信長協奏曲(のぶながコンツェルト)を原作とした映画です

現代の高校生が、戦国時代にタイムスリップし、その容貌が病弱だった織田信長と似ていた為、信長として代わりに生きるという作品
漫画、アニメ、ドラマと展開される、大人気作品の映画化作品です

本映画は、ドラマの作品の続きとして描かれており、出演者もドラマと同じとなっています
ドラマでは描かれなかった、織田信長の最後が描かれています

信長の名を捨て、太陽として生きることを諦めた、明智光秀
幼少時代に、家族、村を信長に焼かれた恨みを抱く、羽柴秀吉
登場人物の思いが伝わる描写になっていて、感情移入してしまう作品でした

映画作品だけいきなり見ても、楽しめる作品でした
が、ドラマを見た続きとしてみた方が、より楽しめる作品だと思います

是非、原作やアニメ、ドラマも観てみたいと思える映画でした

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


豊臣家の日本統一に一矢報いた成田長親を描いた、和田竜さんの小説家処女作の映画化作品

のぼうの城
【総合】★★★☆☆【ストーリー】★★★★☆【感動】★★☆☆☆【エキサイティング】★★☆☆☆【リアリティ】★★☆☆☆【啓発要素】★★☆☆☆監督: 犬童一心 樋口真嗣主演: 野村萬斎...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました