戦神 ゴッド・オブ・ウォー

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★☆☆
【エキサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★★★☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: ゴードン・チャン

主演: チウ・マンチェク サモ・ハン レジーナ・ワン 倉田保昭 小出恵介

製作国:中国

公開日:劇場未公開

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

1500年代の前半、明は外敵に苦しんでいた
その一つが倭寇であった

日本の海賊が、明の浪人などを従え、驚異的な力を持っていた
明軍は、彼らを討伐しようと試みたが、全て失敗に終わっていた

倭寇の強さの秘密
そこには、松浦藩の武士、熊澤の力があった

彼は藩から密命を受け、倭寇を指揮していた
傭兵稼業と密貿易の利益を、藩の為に得ていたのだ
藩、そして日本の為に

明の武将、戚継光
文武両道に秀でた名将

倭寇の討伐を命ぜられる
そして自らの軍、戚家軍を設立し、倭寇に立ち向かう

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

明の名将である戚継光を描いた作品
1500年代の明が戦った、倭寇との戦いを題材としています

戚継光や、倭寇の武士である山川
この2人が両軍の中で、周りの人に影響を受け成長する姿に感銘を受けます

倭寇も、信念を持った日本の武士として描かれ、非常に武士への尊敬も表現されています
また、最後のシーンに、倭寇討伐後モンゴル帝国との戦いに赴き、恐妻家でもあった戚継光の人生が集約されていると思います

中国の武士と、日本の武士が描かれた、非常に考えさせられるストーリーの映画です

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します


訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


西欧諸国に侵略され、治安も悪化して中華民国、侯杰将軍は何を見、感じ、生きるか

新少林寺
【総合】★★★★☆【ストーリー】★★★☆☆【感動】★★★★☆【エキサイティング】★★★☆☆【リアリティ】★★☆☆☆【啓発要素】★★★☆☆監督: ベニー・チャン主演: アンディ・ラウ...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました