インデペンデンス・デイ

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★★
【感動】★★★★☆
【エキサイティング】★★★★☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: ローランド・エメリッヒ

主演: ウィル・スミス ジェフ・ゴールドブラム ビル・プルマン ランディ・クエイド

製作国:アメリカ合衆国

公開日:1996/12/07

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

7月4日の独立記念日を目前に迎えた、7月2日のアメリカ
突如、首都ワシントンD.C.を始め、大都市上空に宇宙船が出現する
アメリカは大混乱に陥った

平和的な交渉は可能なのか
ホイットモア大統領率いる政府は、宇宙人との交信を試みる

テレビ局員のデイヴィッドは、通信衛星のノイズを捕まえる
ノイズは、宇宙船間でやりとりされいる、攻撃命令であった

翌日7月3日
アメリカ政府は、軍に攻撃命令を出す
しかし攻撃は一切効かず、戦闘機部隊は壊滅してしまう

対抗手段を見つける為に、ある施設に目が向けられる
施設「エリア51」
地球に飛来した、宇宙人や宇宙船を捕獲し研究を行っていた
3日の攻撃で捕獲した宇宙人を尋問し、地球の征服が目的であることが明確になる

アメリカ独立記念日の7月4日
デイヴィッドはある作戦を思いつく
ホイットモア大統領は、この作戦に未来を託し、世界に協力を求める

壊滅した軍に変わり、戦闘機に乗り込む男達

軍隊出身のアメリカ合衆国大統領、トーマス・J・ホイットモア
飛行機が苦手な技術者、デイヴィッド・レヴィンソン
3日の攻撃で唯一戦果を挙げた生き残り、スティーブン・ヒラー大尉
ベトナム戦争時代のパイロットで、退役後は酒に溺れていた、ラッセル・ケイス 等

アメリカの独立を守る決戦が今始まる

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

アメリカ独立記念日に突如として現れた宇宙船
人類との対話はなく、侵略が始まる

研究者、大統領、現役軍人、元パイロット等
それぞれが、自分の役割の中で、闘い抜く姿が描かれています

限られた時間の中で、登場人物の思い、行動が表現されています
どの人物に共感を覚え、応援してしまします

やはり名作ですね
正直、リアリティに欠けるし、映像も時代を感じます
しかし、それを遥かに上回る、映画性がある作品です

久しぶりに見ましたが、やはり、面白い!と思いました

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


政府の決断により夢を諦めざる得なかった男達、自分の為、世界を救う為、再び宇宙を目指す

スペースカウボーイ
【総合】★★★☆☆【ストーリー】★★★☆☆【感動】★★★☆☆【エキサイティング】★★★☆☆【リアリティ】★☆☆☆☆【啓発要素】★★☆☆☆監督: クリント・イーストウッド主演: クリ...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました