39 刑法第三十九条

★「映画好きと繋がること」だけを目的としたツイッターアカウントです★
↓フォロー宜しくお願い致します↓
にほんブログ村 映画ブログへ
ポチッと応援お願い致します

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★★★☆☆
【啓発要素】★★★☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 森田芳光

主演: 鈴木京香 堤真一 岸部一徳

製作国:日本

公開日:1999/05/01

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

若い夫婦、しかも妊婦が複数回刺されるという殺人事件が発生

犯人として捕まったのは、劇団員の柴田真樹
はっきり覚えてはいないが、自分が殺害したと思うと自白もする

検察は、死刑の求刑を述べる
その裁判中、突如、柴田の様子が変わる
弁護士は精神鑑定を裁判長に求める

精神学者の藤代実行とその小川香深が、柴田の精神鑑定を担当することとなる

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

第39条
1.心神喪失者の行為は、罰しない。
2.心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

刑法第39条で定められている責任能力の有無を題材とした作品です

精神鑑定を受ける柴田の過去、真意について

しっかりとしたストーリーが織り込まれていて、予想できない展開に見入ってしまいました

名優さんが多く出演していることが、この作品を成り立たせていると感じます
この難しい題材の世界観を、非常に綺麗に作品として作り上げられています

大きなテーマの為、人によって好き嫌いはあるかもしれません
刻々と展開が変わり、引き付けられる映画でした

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


被害者が10人を数える連谷殺人事件、時効成立後、真犯人が世間の前に名乗り出る

殺人の告白
【総合】★★★☆☆【ストーリー】★★★★☆【感動】★★★☆☆【エキサイティング】★★★☆☆【リアリティ】★★☆☆☆【啓発要素】★★☆☆☆監督: チョン・ビョンギル主演: パク・シフ...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました