ダイバージェント

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★☆☆☆
【感動】★★★☆☆
【エキサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★★☆☆☆
【啓発要素】★★★★★

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: ニール・バーガー

主演: シャイリーン・ウッドリー テオ・ジェームズ アシュレイ・ジャッド レイ・スティーブンソン

製作国:アメリカ合衆国

公開日:2014/07/11

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

最終戦争から150年後の未来

人類は「勇敢」「無欲」「博学」「高潔」「平和」の5つの属性に分けられる
それぞれの属性の組織で、一生過ごすことを義務付けられている

一定の年齢になった人間は、どの属性に向いているかを判定するの適正テストを受ける
ベアトリス・“トリス”・プライアーも、当然のように適正テストを受診する

しかしテストでは、属性の判定が出ることはなかった
その結果が示すこと、それは「異端者」であるということ

異端者は、どの組織にも属せないことから、その他の組織から文字通り異端視されている
そして、異端者の中には、解明できない特殊な能力を持つ者がいる為、政府は彼らを取り締まっている

ベアトリスは、自身が異端者と判定されたことを隠す
属性を選択する儀式で、「勇敢」として生きることを決める
それは、「無欲」である家族との決別でもあった

ベアトリスは、異端者を隠し、勇敢として生きる
勇敢としての仕事、警察や軍事任務を行う為、厳しい訓練に耐えていた

その頃世界には、各組織の争いの波紋が広がりつつあったのだ

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

人類が分類される近未来に、異端と判定される少女が、所属を求めて戦う物語

本当は異端者でありながら、勇敢であり続ける為に、必死に認められるように闘う姿
自分の存在場所を作る為に、本来の自分を隠しながら戦うことについて考えさせられます

自分を偽って、自身の存在場所/価値を求めるというテーマ
社会で生きる為に、大小は別として、誰しもが経験がある悩みではないでしょうか

本当の自分、社会の中での自分、その乖離について考えされる映画でした

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


異端者の徹底排除を目指す博学の指導者ジェニーン、世界は何故5つの属性に分けられたのか

ダイバージェントNEO
【総合】★★★☆☆【ストーリー】★★★★☆【感動】★★☆☆☆【エキサイティング】★★☆☆☆【リアリティ】★☆☆☆☆【啓発要素】★★★★☆監督: ロベルト・シュヴェンケ主演: シャイ...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました