実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★☆☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★★★☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 若松孝二

主演: 坂井真紀 ARATA 並木愛枝

製作国:日本

公開日:2007/08/26

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

あさま山荘事件

連合赤軍のメンバー、坂口弘、坂東國男、吉野雅邦、加藤倫教、加藤倫教の弟(事件当時未成年)の5人が
長野県にある保養施設、浅間山荘にて、管理人の妻であった牟田泰子を人質に籠城する

死者3名を出す、10日間の連合赤軍と警察の攻防の末、メンバー5人全員が逮捕に至る事件

1960年、韓国では、朴正煕率いる軍事革命委員会が、5・16軍事クーデターが成功、また日本では、岸信介内閣が日米安全保障条約の改定を強行採決
1962年、アメリカ、ソビエト連邦間で核戦争勃発に最も近づいたキューバ危機
1964年、ベトナム戦争が勃発
1966年、中華人民共和国では、毛沢東による文化大革命

日本が、世界が揺れ動いた時代
あさま山荘事件のメンバーは、どのような活動を行い、あさま山荘に辿り着いたのか

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

あさま山荘事件を起こした、連合赤軍のメンバーの活動歴を描いた作品です

作品の中では政治思想を訴える様な、印象はありませんでした
赤軍派の森恒夫、革命左派の永田洋子らによって起こされた山岳ベース事件について
そしてグループの中で、あさま山荘に辿り着き、戦った5人の様子が描かれているドキュメンタリーよりな作品です

作品の冒頭に映し出される言葉通りの作品だと思います
「この作品に描かれた事件や 出来事はすべて事実だが 一部フィクションも含まれる」

山岳ベース事件
こういう事件は、日本国内でも、海外でも、右翼、左翼関係なく起きています

少年の最後の言葉
それだけでは足りないかもしれませんが、必ず必要なものだと思います

いろいろな考え、思想を持ち、行動する人がいる一方、流れに流される人間も決して少なくない
人としての本質は、どちらなのだろうと考えながら見た作品でした

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


さまざまの思いを胸に戦った、神風特別攻撃隊員の物語

俺は、君のためにこそ死ににいく
【総合】★★★★☆【ストーリー】★★★☆☆【感動】★☆☆☆☆【エキサイティング】★☆☆☆☆【リアリティ】★★★★☆【啓発要素】★★★★☆監督: 新城卓主演: 徳重聡 窪塚洋介 ...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました