俺は、君のためにこそ死ににいく

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★★★★☆
【啓発要素】★★★★☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 新城卓

主演: 徳重聡 窪塚洋介 筒井道隆 岸惠子

製作国:日本

公開日:2007/05/12

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

1940年代、太平洋戦争が末期を迎えていた
旧日本軍は、窮地に陥っていた
連合国軍の攻撃により、次第にアジア戦域を支配されていった

戦況を覆す為、旧日本軍が実行した作戦
神風特別攻撃

旧日本軍海軍は、戦闘機に爆弾を搭載したまま
パイロット自ら敵艦に体当たりする作戦を実行したのである

鳥濱トメさんは、知覧の商店街で食堂を営んでいた
この食堂には神風特別攻撃隊として、知覧飛行場から飛び立つ若者たちが通っていた

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

鳥濱トメさんの実体験を映画化した作品です

家族、愛する人を残して飛び立つ決意をした隊員
前回の特攻で生き残り、先に亡くなった隊員の後を追って特攻する隊員
日本海軍の隊員として飛び立つ朝鮮人の隊員
全て実在した人物を描いている作品です

俳優さんには少し失礼な表現となってしまうかもしれませんが、この映画で一番心に残ったのはエンドロールです
本作品のエンドロールには、隊員が知覧で過ごしていた実際の写真が映されています

若者が、戦争の中で自らの命を捨てて突撃した
これが、現実の事実であることを、強烈に訴えてきます

私は中学時代に知覧特攻平和会館に行ったことがあります
その際にも写真や遺品を拝見したのですが、当時はどこか遠い昔の話という感じがしていたのだなと思います

歳をとって、彼らが過ごせなかった年を過ごしてからこの作品を観ると
20歳前後で人生を終えなければいけなかった、その重さを当時とは比にならなく感じます

こういった作品は戦争美化等の指摘も少なくはないです
しかし、情報を遮るのではなく左右の情報を聞き、自らの答えを見つければいいのではないのでしょうか

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


突如、首都ワシントンD.C.上空に宇宙船が出現、男達は戦う、独立を守る為に

インデペンデンス・デイ
【総合】★★★★☆【ストーリー】★★★★★【感動】★★★★☆【エキサイティング】★★★★☆【リアリティ】★☆☆☆☆【啓発要素】★★★☆☆監督: ローランド・エメリッヒ主演: ウィル...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました