マリと子犬の物語

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★★★☆☆
【エキサイティング】★☆☆☆☆
【リアリティ】★★★★☆
【啓発要素】★★★☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 猪股隆一

主演: 船越英一郎 松本明子 高嶋政伸 広田亮平 佐々木麻緒

製作国:日本

公開日:2007/12/08

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

美しい棚田、錦鯉の養殖、闘牛
新潟県山古志村は、美しき日本の光景を残す村

10歳の男の子の石川亮太と、5歳の女の子の石川彩は、山古志村に住む兄妹
父の優一と祖父の優造と、家族4人で仲良く暮らしていた

母は兄妹が幼き時に亡くなっており、物心つく前であった彩には、母の記憶はなかった

ある日、兄妹は原っぱに遊びに行った際に、子犬の捨て犬を見付ける
優一は、大の犬嫌い
連れて帰ることは出来ない、諦めて家路を急ぐ

しかし、捨て犬はテクテクと後を追ってくる
子犬には、母親も父親もいない
彼らは、原っぱに毛布を持ち込んだり、こっそり牛乳を与えに通っていた

そして、彩の誕生日に、優造に犬を飼うことお願いする
孫を溺愛する優造の説得、兄妹の思いに、優一も納得する

こうして、マリは石川家の家族の一員となった
そして翌年には、マリの3匹の子犬も家族になる

しかし、そんな一家に試練が迫っていた

2004年10月23日
新潟県中越地震

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

桑原眞二さん、大野一興さんの絵本、山古志村のマリと三匹の子犬を原作とした映画です
マリと三匹の子犬は、五十嵐家の実話の物語を描いた絵本です

兄妹やマリの受けた、地震による心的ストレスを想像すると、胸が苦しくなります

本作ですが、マリ役を務めた柴犬、イチの演技も凄いです
必死に瓦礫をかき分けようとする姿や、子犬を咥えて連れて行く姿など、非常に難しそうな演技を実現しています

マリは、実際には仮設住宅でなく、知人の方のお宅で過ごした期間もあります
しかし、2016年に15歳で亡くなるまで、五十嵐さんのお宅で過ごすことが出来たそうです

家族の愛情について、感動出来る映画作品でした

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


薬物依存の青年と1匹の猫の出会いが引き起こした、感動の実話の映画化作品

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
【総合】★★★☆☆【ストーリー】★★★☆☆【感動】★★☆☆☆【エキサイティング】★☆☆☆☆【リアリティ】★☆☆☆☆【啓発要素】★★★★☆監督: ロジャー・スポティスウッド主演: ル...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました