凶悪

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★★★★★
【啓発要素】★★★★☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 白石和彌

主演: 山田孝之 ピエール瀧 リリー・フランキー

製作国:日本

公開日:2013/09/21

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

須藤純次
複数の殺人事件の犯人として死刑判決
拘置所に収監されていた

記者である藤井修一宛に手紙が届く

それは、須藤からの手紙であった
手紙を読み、藤井は須藤と面会することを決める

須藤が藤井に伝えたこと

裁判に掛けられていない、世間に見つかっていない余罪
複数の殺人事件についてであった

そして、須藤は事件の真相として1人の男の存在を明かした

「先生」

裏で暗躍し、自分をも翻弄した男
奴が世間でのうのうと生きていることが許せない

藤井は半信半疑ながらも須藤の自白内容について取材を始める

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

「新潮45」編集部編として、新潮文庫より出版されている、凶悪-ある死刑囚の告発-の映画化作品です
実際に起きた、茨城上申書殺人事件を題材とした小説です

記者である藤井が取材を通し、事件の真相に迫る姿が描かれています

壮絶な事件の全容に迫るストーリーにドキドキするサスペンスです
こんな事件が現実に起きているということに、恐怖を感じる作品でもあります

死刑と介護という対比で描かれた罪悪感の違い
人が持つ罪悪感について考えさせられました

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します


訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


アルツハイマーに蝕まれる記憶が薄れいく初老の男性、彼には誰にも知られていない過去があった

殺人者の記憶法
【総合】★★★★☆【ストーリー】★★★★☆【感動】★★☆☆☆【エキサイティング】★★★★☆【リアリティ】★★☆☆☆【啓発要素】★★☆☆☆監督: ウォン・シニョン主演: ソル・ギョン...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました