K-19

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★★★☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★★★★☆
【啓発要素】★★★☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: キャスリン・ビグロー

主演: ハリソン・フォード リーアム・ニーソン ピーター・サースガード クリスチャン・カマルゴ

製作国:アメリカ合衆国, イギリス, ドイツ, カナダ

公開日:2002/12/14

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

1958年、ソ連の658型潜水艦K-19は完成した

アメリカに対抗する為、急ピッチで製造された、ソ連最新鋭の原子力潜水艦である
最新鋭の装備のひとつが、ソ連では初となる、弾道ミサイル発射が可能であることがあった

アレクセイ・ボストリコフ艦長は、このK-19の処女航海を任された
急ピッチだったのは、船体の製造だけではなく、兵士の教育も同じであった

副館長のミハイル・ポレーニンとは度々意見を衝突させたりしながらも
アレクセイ艦長は、厳しい訓練を確実に実施させ、乗組員の育成を進めていた

北大西洋上を航行している時であった
K-19の原子炉冷却装置に故障が発生する

メルトダウンが発生し得る事態まで陥ってしまう

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

1961年に、実際に起きた、ソ連の原子力潜水艦K-19での事故を題材とした作品

原子力潜水艦という閉鎖空間で、メルトダウンが起こりえるという極限状態が描かれています

命懸けで、修復を試みる者
世界の為に、深海での自爆を薦める者
敵国に投降して、救われる道を望む者
様々な背景、考えを持ち、それぞれの決断に至る
もし、自分だったらどうするかを考えさせられる作品です

この極限状態は、現実に起きたことです
艦長ニコライ・ウラジミロヴィッチ・ザテエフ大佐(作中のアレクセイ・ボストリコフ艦長の名前は創作)は、船員の暴動を警戒し、拳銃を海に捨てさせたとも言われています

リアリティ、啓発要素を有しており、非常におすすめな映画です

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


米国海軍特殊部隊ネイビーシールズ、本物の隊員出演映画、現代の戦闘を体感

ネイビーシールズ
【総合】★★★★☆【ストーリー】★☆☆☆☆【感動】★★☆☆☆【エキサイティング】★★★★☆【リアリティ】★★★★☆【啓発要素】★★☆☆☆監督: スコット・ウォー マイク・マッコイ主...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました