ファントム 開戦前夜

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★☆☆
【ストーリー】★★★☆☆
【感動】★★☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★★★★☆
【啓発要素】★★★☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: トッド・ロビンソン

主演: エド・ハリス デイビッド・ドゥカブニー ウィリアム・フィクトナー ランス・ヘンリクセン

製作国:アメリカ合衆国

公開日:2013/10/12

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

1968年
世界は二つに分かれ、冷戦の真っただ中であった

ソ連軍人である、デミトリー・ズボフ艦長は退役を決めていた

しかし、その直前にある命令を受ける
老朽化し、中国に売却される予定の潜水艦K-129への搭乗命令であった

しかも、極秘任務の為、目的も明かされない
この任務の為に着任した、ブルニーの指示で行動する
核ミサイルを搭載したK-129は、ハワイ沖に向かうことになる

ブルニーは、ソ連国家保安委員会(KGB)のエージェントであった

その目的は、アメリカに核ミサイルを打つこと
これにより、母国ソ連が覚悟を決めることを、期待していたのであった

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

1968年のソ連の潜水艦K-129の、ハワイ近海での沈没事故を題材として映画です

K-129が作戦海域を大きく外れた、ハワイ近海で、核ミサイル発射可能状態で沈没した事故で、今も原因は不明な事件です
この潜水艦は、プロジェクト・ジェニファーというプロジェクトで、船体の全て、または一部が引き上げられた言われています

実際に、このK-129で何が行われたか分かりません

しかしこの当時、信念を持って戦った人々について、考えさせられる映画です
KGB急進派のブルニーの考えも絶対的な悪ではなく、己の信念の為の行動であったことは想像に易いです

信念を抱き、命を懸けて戦った人々への敬意が描かれています
今の時代はその時代の思いを引き継げているのかと、考えさせられる映画です

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


一本の映画が引き起こした、悪魔のような13時間、実際に起きた世界の真実

13時間ベンガジの秘密の兵士
【総合】★★★★★【ストーリー】★★★★☆【感動】★★☆☆☆【エキサイティング】★★★★☆【リアリティ】★★★★☆【啓発要素】★★★☆☆監督: マイケル・ベイ主演: ジェームズ・バ...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました