22年目の告白-私が殺人犯です-

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★★★☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: 入江悠

主演: 藤原竜也 伊藤英明 竜星涼 仲村トオル

製作国:日本

公開日:2017/06/10

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

1995年
阪神大震災が発生したその年、ある法律が施行される
刑事訴訟法、これが改正され、殺人事件の時効が撤廃となった

同じ年、猟奇的な殺人事件が発生する
同一犯の犯行とみられる、5件の連続殺人事件

いずれの犯行も、被害者は絞殺
そして、その犯行現場を、被害者の関係者の目の前で目撃させる残忍な手口

牧村航は、この事件を追った刑事だった

4件目の捜査で犯人を追い詰めた際、顔に重傷を負いながらも、必死に犯人に向けて拳銃を撃った
しかし、犯人確保に至らず、取り逃がす
そして反撃を恨んだ犯人は、牧村の自宅で、先輩の滝幸宏刑事を同様の手口で殺害する

犯行は、刑事訴訟法が改正される前日が最後だった
時効撤廃の適用外となる事件

牧村を含む、警察は必死の捜査を行った
しかし犯人逮捕に至らず22年の時が経ち、時効が成立する

時効が成立してすぐ、ある男がマスコミを通して世間の前に現れる

曾根崎雅人

彼は、連続絞殺事件の犯人は自分だと名乗る

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

時効を迎えた殺人事件の犯人が、突如世間の前に現れるサスペンス映画

残忍な犯行を行った犯人が、時効成立後に自伝を出版すると発表するという衝撃の冒頭

大切な人を目の前で惨殺され、犯人になにも出来ない被害者
必死の思いで犯人を追い、時効のその瞬間全てが水泡に帰す刑事達

2010年に日本で即日施行された、凶悪犯罪の公訴時効撤廃を題材とした作品です

刑事、犯人、被害者、さまざまな事件に関わった人の意図が描かれています
スピーディーで、予想できない展開が待ち受けています

時効を迎え、突如名乗り出た犯人
その意図は何なのか

時効撤廃を題材とした、スリリングな社会派サスペンス映画です

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


娘は担任する生徒に殺されたと教師が話し出す、衝撃の冒頭から始まる、湊かなえさんの小説告白の映画化作品

告白
【総合】★★★★☆【ストーリー】★★★★☆【感動】★☆☆☆☆【エキサイティング】★★★☆☆【リアリティ】★☆☆☆☆【啓発要素】★★★☆☆監督: 中島哲也主演: 松たか子 岡田将生 木村...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました