帰ってきたヒトラー

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★☆
【感動】★☆☆☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★★★☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

監督: デヴィッド・ヴェンド

主演: オリヴァー・マスッチ ファビアン・ブッシュ クリストフ・マリア・ヘルプスト

製作国:ドイツ

公開日:2016/06/17

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

1945年ベルリン
総統地下壕でアドルフ・ヒトラーは拳銃自殺したと言われている

しかし彼は、再び目を開いた

2011年のベルリンで

フランク・ザヴァツキは、映画監督を目指すテレビ局員だった
しかし、上司のクリストフ・ゼンゼンブリンクには認められず、クビを宣言される
貧困の中で夢を追い、公園でサッカーをする少年達の映像を持ち込んだが、けんもほろろに追い返された

失意の中で、フランクは自分が持ち込んだ映像を眺めていた
そこに、励ましに来た母が、ある人物が映っていることに気付く
あのヒトラーそっくりの人物

フランクは閃いた
このヒトラーに似た、コスプレをした男は話題になる
話題の動画を作成出来れば、テレビ局に復職出来る

ヒトラーと共にドイツを旅して、各地で撮影をする
フランクの撮影した動画は、狙い通り、SNSで大人気に

2011年、ドイツでヒトラーは再び話題となる

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

ティムール・ヴェルメシュの同名の小説、帰ってきたヒトラーの映画化作品です

現在のドイツにヒトラーが現れたら、どうなるのか
本人にも関わらず、そっくりさんのコスプレと思われているうちに、どんどん話題になっていくコメディタッチになっています

しかし、内容については、非常に辛辣な社会風刺になっています

当時のドイツの政治状況等を把握出来ていないので、一部風刺は理解が難しいところがありますが
フラストレーションが溜まった時世に、変革の演説が響く姿は、日本でも考えるべきないといけない内容だと思います

このページは映画記録なので、政治思想を語ったりはしませんが
某元弁護士の先生が市長で、人気を博していた際
有権者へのアンケートで「何か、改革をしてくれそう」が1位だったニュースがありました

その際に、あるコメンテーターが批判をしていました
市長や政策へではなく

「何か」が分からないのに賛同するのは、日本が戦争突入していたあの時と同じだと

民主主義は、有権者がしっかりしなければいけない

意外なエンディングも待っていて、コメディタッチで観れる作品です
しかし、非常に考えさせられる内容を描いて、真剣に考えるべきテーマを持った映画でした

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します



訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
中止

レビューを投稿する

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
平均評価:  
 0 レビュー

オススメ映画


東京に巨大生物が出現、対応に終われる政府、社会風刺も効いた怪獣映画の最高峰の1つ

シン・ゴジラ
【総合】★★★★★【ストーリー】★★★★★【感動】★★☆☆☆【エキサイティング】★★☆☆☆【リアリティ】★★★☆☆【啓発要素】★★★★☆監督: 庵野秀明 樋口真嗣主演: 長谷川博...

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました