祈りの幕が下りる時

[スポンサーリンク]


個人的評価


映画の『超』個人的な評価を、「総合」「ストーリー」「感動」「エキサイティング」「リアリティ」「啓発要素」のカテゴリで、5つ星で記録します

【総合】★★★★☆
【ストーリー】★★★★★
【感動】★★★☆☆
【エキサイティング】★★☆☆☆
【リアリティ】★☆☆☆☆
【啓発要素】★★☆☆☆

主要情報


映画の主要情報として、「監督」「主演」「製作国」「公開日」を記録します
「監督」「主演」はタグリンクで、関連する他の作品の鑑賞記録を表示します

【監督】 福澤克雄

【出演】 阿部寛 松嶋菜々子 溝端淳平 田中麗奈 キムラ緑子 烏丸せつこ 春風亭昇太 音尾琢真 飯豊まりえ 上杉祥三 中島ひろ子 桜田ひより 及川光博 伊藤蘭 小日向文世

【カテゴリ】 刑事 日本映画

製作国:日本

公開日:2018/01/27

[スポンサーリンク]
▼AmazonPrimeVideoでの視聴やAmazonでの円盤購入はコチラ▼

AmazonPrimeVideoで視聴する

祈りの幕が下りる時

Amazonで購入する

祈りの幕が下りる時 Blu-ray 豪華版


ストーリー


ネタバレにならない程度に、冒頭のストーリーを記録します

警視庁の刑事、松宮脩平

ある事件を追っていた
アパートで発見された女性の遺体
彼女は普段滋賀県で清掃員として勤める押谷道子だった

松宮はあることが気になっていた
それは近くで、ホームレスが焼死体となって見つかった事件
この事件関連性があるのでは?

松宮には日本橋署に勤める刑事に従兄がいた
加賀恭一郎
優れた捜査能力が、なぜか日本橋署の刑事に収まっていた

松宮はその捜査能力を見込み加賀に助言を求めた
加賀は最初それとなく断った

しかしカレンダーに書かれた橋の名前の謎
それを聞いた時に目の色が変わった

加賀はその橋の名前が書かれたカレンダーに覚えがあったのだ

[スポンサーリンク]


感想


ネタバレにならない程度に、鑑賞した感想を記録します

東野圭吾さんの同名小説、祈りの幕が下りる時の映画化作品
アパートでの変死体発見から真実に辿り着くまでが描かれています

1つの事件から迫る事実
カレンダーに書かれた橋の名前から、加賀は真実に辿り着く
時を超えて真相に迫る姿にワクワクさせられます

予想を超える結末に向かう作品です
それを名優さんたちが描き、人生の重たさもしっかり伝わり、見ごたえのある作品になっています

[スポンサーリンク]
▼外出不要!気軽に映画鑑賞!ビデオ・オン・デマンドや宅配サービス▼


予告動画


本作品の予告動画を記録します


訪問者様のレビュー


宜しければこの作品対する、レビューや感想を教えて下さいm(_ _)m
宜しくお願い致します!!

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Masa's Movies Record Storage Container~将_映画記録管理簿~
Average rating:  
 0 reviews

監督/出演者の別作品、関連作品など(広告)


↓↓監督/出演者の別作品、関連作品などがコチラ

[スポンサーリンク]

コメント

タイトルとURLをコピーしました